Mac

Macのキーボード掃除に便利!KeyboardCleanToolの使い方

ずっとMacを使っているとキーボードが汗や皮脂で汚れてくるもの。
キーボードの掃除をするときに、そのまま拭くと当然キーが入力されますよね。

電源を切ってもMacの場合、何かキーを入力すると電源が入ってしまいます。

そんなときに一時的にキー入力を無効にするアプリ、「KeyboardCleanTool」で隅々まで掃除。

僕はキーボードカバーを使っているのですが、ササっとカバーを拭きたいときにも役立つアプリです。

どんなアプリ?

    キーボードを拭き掃除するときに、キー入力を一時的に無効にしてくれるアプリ。

KeyboardCleanToolのダウンロードとインストール

まずはKeyboardCleanToolをダウンロードします。
下記サイトの「FREE DOWNLOAD」をクリック。

ダウンロードはこちら
KeyboardCleanTool

ちなみにこの会社はfolivora.AIという、あのBetterTouchToolを出している会社です。

ZIPファイルを展開し、アプリケーションフォルダに移動させます。

初期設定と使い方

起動後の画面です。

「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」と書いているボタンをクリック。

初回の起動時のみアクセシビリティの許可を求めるメッセージがでてくるのでOKをクリックしましょう。

するとこちらのアクセシビリティアクセスがでてくるので「システム環境設定を開く」をクリック。

セキュリティとプライバシーが開きます。

KeyboardCleanToolにチェックを入れるには左下のカギアイコンをクリックし、変更可能な状態にする必要があります。

変更可能になったら、KeyboardCleanToolにチェックを入れ、再度カギアイコンをクリックして画面を閉じます。

アクセシビリティの許可を与えるとやっとKeyboardCleanToolが使えるようになります。

「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」のボタンをクリックすると、アイコンがオレンジになりすべてのキーボード入力が無効に。

これでキー入力を気にせず、キーボードの掃除ができるようになります。

元に戻す場合は同じボタンをクリックすればOK。

使用中のオレンジアイコンも載せたかったのですが、キー入力が無効になりスクリーンショットがとれませんでした。

ちなみにキー入力は無効になっていますが、マウスは普通に動きます。

拭き掃除には除菌シートがおすすめ

毎日使うMacBookは常にきれいにしておきたいもの。
僕はキーボードカバーを拭く場合、除菌シートを使用しています。

カフェなどで手が汚れたときにも使えるので常備しておくと便利。

拭いた直後は水っぽくなっているので、ティッシュで拭き取ればとてもきれいになります。

たまにはキーボードをきれいにして、MacBookを大切に使っていきましょう。

MacBookのキーボードカバーは「moshi」で決まり!買うならこれだMacBookにキーボードカバーはつけていますか? MacBookを使用して1年くらいになりますが、その間いくつかキーボードカバー...