Mac

Macのメモリは8GBで十分?それとも16GB必要?【どっちを買うべきか】

新型13インチMacBook Proが発表されThunderbolt 3が4ポートの上位モデルはメモリ16GBが標準、アップグレードで32GBが搭載可能になりました。

さらにThunderbolt 3が2ポートの下位モデルは標準でメモリ8GB、アップグレードで16GBになり、今回の新型13インチMacBook Proからメモリ8GBから16GBのアップグレードは10,000円(税別)と今までの半額です。
※現在は20,000円(税別)に値上がりしました。

特にMacBook Proは購入後にメモリを増設することができないため、購入時にメモリ容量を決めておく必要があるということ。

これからMacを買うときに8GBで十分か、16GB必要か解説していきます。

メモリとは机の広さ、どれだけ広げられるか

まずメモリは何かというと、机の広さに例えられることが多く、一度にどれくらいの作業領域を広げられるかということ。

プロセッサは頭の回転の速さ、ストレージは記憶容量をイメージすると分かりやすいです。

机が広いということは同時に多くの処理ができ、Macでいうと多くのアプリを立ち上げても動きが遅くならない、メモリを多く消費するアプリもサクサク動くということです。

Macはメモリをギリギリまで活用する仕組み

MacOSは積まれているメモリをできるだけ多く使おうとするので、同じアプリでも最大メモリ容量によって使用するメモリ容量が変わってくることがわかっています。

これはあるときのMac miniのメモリ使用量。
僕が常に立ち上げていることが多い、Chrome、TweetDeck、Musicの他、1Password等の常駐アプリを起動させた状態で16GB中、ほぼ11GBを使用しています。

これは僕がMacを快適に使える環境ですが、もし8GBしかないとメモリが足りずにストレスを感じながら使うことになってしまうかもしれません。

起動した直後でもメモリを多く消費するChromeを立ち上げただけで8GB程度消費することも確認しています。

最低16GB積んでおけば安心

この検証結果から最低16GB積んでおけば安心なことがわかりました。

もし搭載しているメモリをオーバーしてしまう場合、ディスク上にスワップ使用領域と呼ばれる領域を作成し、仮想メモリとして動作させます。

一般的に仮想メモリ状態になると動作にもたつきも感じやすいのですが、Macに搭載されているのがSSDであればあまりもたつきを感じないというのが実際のところ。

ネット、ブログを書くなどの軽い作業でこまめにアプリを終了する最低限の使い方であれば8GBでもそんなにストレスは感じないかもしれません。

逆に画像や動画編集、ブラウザで常にタブを何十個も開く使い方であれば16GBは必要で、メモリ使用容量を検証した結果からみても最低16GB積んでおけば安心です。

大事なのは自分がどんな使い方をするかですが、10,000〜20,000円の投資で快適性が手に入ると考えればメモリのアップグレードはやっておくべきでしょう。