ESR iPad mini 6 ケース レビュー|iPad mini 6を全面保護してくれる品質の良いクリアケース

普段、iPad mini 6で使っているケースはお気に入りのApple純正Smart Folio。

最近、Kindleで読書をすることが増えており、そのときにディスプレイを保護するカバー部分が少し邪魔だなと感じていました。

背面に折りたためばいいかもですが、ファブリック面が汚れそうなのであまりやりたくない。

もうケースを変えてしまおうと考えて購入したのがESRのiPad mini 6用クリアケースです。

ポリカーボネートとTPUのハイブリットで、ケースの透明度も高くしっかりiPad mini 6を保護してくれるケースでした。

思ったよりコスパが良いケースだったので、今回レビューしていきます。

iPadの社外ケースでESRは有名どころですし、迷ったらこれを買っておけば後悔はしないと思います。

目次

ESR iPad mini 6 ケースのデザイン

購入したESRのiPad mini 6 ケースはAmazonで1,900円ほど。今回セールで1,500円で購入しました。

クリアケースにありがちなすべてTPU素材ではなく、背面はポリカーボネート、側面のフレームのみTPUになっています。

ポリカーボネートは変色しにくく、透明感を保ちやすくなっているのが特徴です。

Apple Pencilをワイヤレス充電する側面は特に薄くなっており、保護と同時に機能性も失っていません。

しっかり全面保護できているのが嬉しいポイントですね。

カメラ周りもiPad mini 6のサイズぴったりにデザインされています。

充電端子側と電源ボタン側はきれいにくり抜かれており、スピーカーの穴も1つ1つぴったりです。

電源ボタン周りは押しやすいように傾斜がついているのでTouch IDも使いやすくなっているのがポイント。

音量ボタンのみケースが覆う形です。

ESR iPad mini 6 ケースの使用感

ここからはESR iPad mini 6 ケースを使ってみた使用感を紹介。

ディスプレイを保護するカバーがなく、Kindleで快適に読書できるようになりました。

Smart Folioの後だと厚みが少し気になるものの、取り回しが非常に良くなったことが買ってよかったポイントです。

iPad mini 6を全面保護してくれる

iPad mini 6をどの向きに置いても本体をしっかり保護してくれます。

落としたときの衝撃を和らげるために、角にはクッションになるように補強されています。

角にはクッション

ディスプレイよりケースのほうが少し高いので、ディスプレイを下に置いても傷がつくことはありません。

ディスプレイを覆うカバーがないと通知が来たときに毎回ディスプレイが点灯します。iPadのディスプレイを下にしておくと、通知が来たときに点灯しなくなります。

iPad mini 6の背面も角が高くなっています。

このおかげでポリカーボネートの背面に傷がつくことがなく、クリアなまま使い続けることができますね。

角だけ高い

デスクに置いたとき、落としたときの保護もしっかり考えられているケース。

Smart Folioを使うとiPad mini 6の側面がノーガードになるのが怖かったのですが、このクリアケースならそんな心配はいりません。

ケースのままApple Pencil 2が充電できる

ケースをつけたままApple Pencilを充電できるのはすごくないですか?

保護と機能性を両立しているケースということも良かったポイントです。

サイズがぴったりで着脱がきつい

かなり気に入っているケースですが、デメリットとして着脱がきついです。

Smart Folioに戻すために外そうとしたものの、フィットしすぎていて外すのに苦労しました。

買ったばかりでフィット感がありすぎるというのが原因でしょうが、しばらく使っているうちにフレームのTPU素材が少し柔らかくなってきた気がします。

購入直後に着脱するのは少しきつい。

ESR iPad mini 6 ケースのレビューまとめ

しっかり全面を保護してくれるESRのiPad mini 6ケースをレビューしました。

ディスプレイカバーなしのクリアケースでは、品質が高くコスパの良いケースでしょう。

Smart Folioに比べて少し厚みは感じるものの、iPad mini 6を裸に近い感覚で使うことができます

クリアケースは見た目も含めて違いがわかりにくいので、その中でもESRのクリアケースは品質も良くしっかり保護もしてくれるケースでした。

気になったらぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
目次
閉じる