Smart Folio(iPad mini 6)レビュー|迷ったらApple純正ケースを買えば間違いなし

iPadの純正ケースといえばSmart Folio

iPad mini 6のケースを選ぶなかでサードパーティ製も使いましたが、最終的にSmart Folioに落ち着きました

Apple価格なので7,000円以上とケースとしては高めで購入を迷ってしまうかもしれません。

実際に使ってみると、その品質の高さと機能性に納得。

この記事では実際に使ってみて良かったところや気になったところを紹介します。

さらにSmart Folioそっくりのサードパーティ製ZtotopCasesのケースも購入していたので、Smart Folioと比較もしていきます。

目次

Smart Folioの特徴

Smart FolioはAppleの純正iPad mini用ケース。

マグネットでiPad mini 6に吸着し本体を保護してくれます。

簡単に取り外しができるので、たまに裸で使いたいというときはとても便利。

ディスプレイ面を保護するカバーは置き方によって2段階の角度調整できるスタンドとしても使えます

動画視聴にピッタリのスタイル

急な角度は動画視聴やサブディスプレイとして使うときに適しています。

個人的にもデスクに置くときはこの角度が使いやすい。

キーボードを表示すれば文字入力もできる

浅い角度はメモを取ったりするときや、ちょっとしたブラウジングのときに最適。

画面内にキーボードを表示すればタイピングも可能です。

また、ディスプレイを保護するカバーを閉じるとスリープ、開くとディスプレイがオンになるオートスリープに対応しています。

Smart Folioのデザイン

さっそく開封していきます。

今回購入したのはブラック。真っ黒という感じではなく、グレーに近いブラックです。

もうスペースグレーでいいんじゃないのかな。

購入したiPad mini 6がスペースグレーなので、本体とマッチしてカッコいい。

裏面はリンゴマークが刻印されており、立体感のある仕上がりに。

純正アクセサリの特権ですね。

見落としがちですが、Appleはカバー内の保護材も質が高いです。

よくわからないメーカーだと、全然ケースサイズに合ってないスポンジが入っているだけとかもありますし。

内面はマイクロファイバーです。

このマイクロファイバーは柔らかくサラサラしたさわり心地でめちゃくちゃ質がいい。

iPad mini 6に傷はつかないでしょう。

iPad mini 6とセットしました。

スペースグレイの本体とブラックのカバーの相性は最高。

カメラ周りのサイズもピッタリ。

ケースをつけることでレンズとデスクが直接当たらなくなります。

ケースはiPad mini 6より1mmほど大きめ。Touch IDの電源ボタンと高さがほぼ同じなので、Touch IDに手を添えたときに少しケースが当たる程度です。

Smart Folioの良いところ

ここからは実際に使ってみて良いところと気になるところを紹介。

使用感はさすがの純正です。

質感が高い

Apple純正だけあって質感は非常に高いです。

特にわかりやすいのが内面のマイクロファイバー。

他社のものだと素材が硬かったり密度が低いなど値段相応といった感じですが、Smart Folioの内面はきめ細かなマイクロファイバーです。

ディスプレイと本体を優しく保護してくれる安心感がありますね。

スタンドが使いやすい

スタンドの角度は2つありそれぞれ絶妙な角度になっています。

カバー部分を丸めてスタンドにするのですが、カバー部分にもマグネットが入っているので崩れて倒れたりすることはないでしょう。

デスクでサブディスプレイとして使うなら急な角度が見やすい。
ダラダラとネットをしたいときは少しだけ手前に傾ける角度

それぞれの角度でやりやすい作業や用途があるので、自分に合ったスタイルを試していくのも楽しい。

マグネットが強い

カバー内部には強めのマグネットが入っています。

そのおかげでiPad mini 6が不意に外れることがなく、外すときは無理なく外せる絶妙な強さのマグネット。

カメラ部分を避けて折りたたむこともできるので、Smart Folioをつけたままカメラが使えます。

本当によく考えられていますね。

Smart Folioの気になるところ

良いところもあればもちろん気になるところも…。

ホコリがつきやすい

質感はマットな感じなので、ホコリや小さなゴミがつきやすいです。

カラーがブラックだとより目立つ。

特に内面のマイクロファイバーがデスクに触れるときは少し気を使いますね。

側面が保護されていない

ケースにはめ込むというより、マグネットで吸着するタイプなので側面が保護できていません。

落としたりカバンの中に直に放りこむと確実に傷がつきます。

側面が保護されていないのはちょっと気を使う。

Apple Pencilのマグネット充電を考えて、側面はすべてカバーなしにしたんでしょう。

スタンドとして立てたときにはデスクに直接iPad mini 6が当たらないようになっています。

これは安心ですね。

価格が高い

iPad mini 6のSmart FolioはApple価格の7,480円。ちょっと高いですよね。

まず値段だけを見ると躊躇してしまう。

Smart FolioとZtotopCasesの比較

Smart FolioにそっくりなZtotopCasesも購入しているので、サイズ感と質感の違いを比較します。

結果から言うとすべてにおいて圧勝のSmart Folioを選ぶべき

サイズ感

Smart Folio

Smart FolioはiPad mini 6にピッタリのサイズ。さすが純正です。

ZtotopCases

続いてZtotopCasesはサイド部分のサイズが合っていないのでカバーが浮き上がってしまいます。

カバーが浮くことでオートスリープが機能しませんでした。

ZtotopCases

さらにZtotopCasesはiPad mini 6本体よりかなりはみ出ているので、Touch IDに指を添えるときに違和感を感じます。

質感

カバーの内側はSmart Folioの方が「モフモフ感」が強いです。

写真で見ればSmart Folioは荒く見えますが、起毛が少し長いから。

Smart Folio
ZtotopCases

ZtotopCasesはモフモフ感はなく、かなり固く感じます。

触ってみないとわからない違いですが、明らかにSmart Folioのほうが質感は上。

ちなみにZtotopCasesのケースはオートスリープが機能しませんでしたが、対処法を発見したので下記のレビュー記事で解説しています。

Smart Folioのレビューまとめ

今回はiPad mini 6用のSmart Folioをレビューしました。

さすがに純正だけあってその名の通りスマートなケースになっています。

良かったところ
気になるところ
  • 質感が高い
  • スタンドが使いやすい
  • マグネットが強い
  • ホコリがつきやすい
  • 側面が保護されていない
  • 価格が高い

価格の高さに購入を迷ってしまいましたが個人的には買って大満足。

今後もiPadのケースはSmart Folioを買い続けると思わせてくれたケースです。

サードパーティ製は低価格ですが品質が劣るので、迷ったらデザイン性と機能性の高さが約束された純正のSmart Folioを買うことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
目次
閉じる