ブログ

僕がブログを書くときのおすすめアプリとサービス

ブログを書き始めて先日50記事に到達しました。
ここまでくると自分のブログを書くスタンスが定まってきます。

基本はMacBookProでほぼすべての編集作業を行っています。
外出先ではiPhoneの執筆アプリでだいたいの形を作っておくくらい。

ちなみに記事をアップするまでの大まかな流れは下記の通りです。

  1. アプリ「iA writer」で書き殴る
  2. フリー画像を「pixabay」で探す
  3. アプリ「PhotoBulk」でサイズ変更、圧縮、一括リネーム
  4. 「iA writer」に画像を挿入、リライト
  5. 直接ワードプレスにアップ
  6. ワードプレスにて最終調整
  7. 記事アップ

ほぼ毎回この流れでブログを書いています。

この記事ではアプリ「iA writer」「PhotoBulk」とフリー画像サイト「pixabay」の特徴を紹介していきます。

iA writerでブログを書く

僕のブログ執筆作業の中心となるiA writer

Mac版とiPhone版どちらも購入し、外出先ではiPhone版、家ではMac版という使い方です。

iPhone版で個人的に気に入っているのが、マークダウン形式で入力しやすいオリジナルキーボード。

Mac版では挿入した画像を見ながら執筆できる優れたUIです。

特にMac版では入力画面を上下に動かすととプレビュー画面も追従して動くのがポイント。

サブスクリプション(月額課金制)のアプリに比べて買い切りなのも安心して使えます。

iA Writer
1,080円
(2019.07.25時点)
posted with ポチレバ
iA Writer
3,600円
(2019.07.25時点)
posted with ポチレバ

pixabayで画像を探す

記事に挿入する画像は、pixabayというサイトで探しています。
様々なジャンルのおしゃれな画像がたくさんあっておすすめ。

商用利用可能です。

pixabay

ぱくたそなどは有名すぎて他のブログと被ってしまうので、pixabayが僕にとってはベスト。

ぱくたそ

pixabayはMac関連のおしゃれな画像も豊富で助かっています。
イラスト系よりも写真が多い印象ですね。

PhotoBulkで画像を調整

Macでの画像調整はPhotoBulk。
これはMacブロガー必須と言ってもいいくらい便利なアプリ。

気に入りすぎて記事にしているのでこちらもあわせてどうぞ!

PhotoBulkがおススメ!ウォーターマーク・リサイズ・圧縮・メタデータ削除・リネームが一括でできる神アプリブログをやっていると多くの画像を扱います。 リサイズ、圧縮、リネームなど。 僕は下記のサイトで画像をひとつずつ編集していました。...
PhotoBulk: watermark in batch
1,200円
(2019.07.25時点)
posted with ポチレバ

やっぱりMacBookProは最高

ここまで僕が普段ブログを書くときに使っているアプリとサイトを紹介しました。

そして最後に僕が使っているのはMacBookProの2017年度版。
これがないとブログ執筆が始まりません。

会社からの帰宅途中にiPhoneでブログを書くこともありますが、帰ってMacBookProでタイピングするスピードとは雲泥の差。

iPhoneだと入力に時間もかかりますし、長時間入力していると指が痛くなってきます。
iPhoneは外出先だけですね。

やっぱりMacBookProさいこー!

【レビュー】Macを8ヶ月使って分かったWindowsとの違いブログを始めるために買ったMacbook Pro13インチ(2017年版) 使い始めて8ヶ月が経ちました。 それまで僕はMacb...