Mac

ブログを書くならMacBook Air 2020が最適な6つの理由

Macでブログを書きたいけど、どのMacを買えばいいかわからない、カスタマイズって必要なの?という疑問はありませんか?

結論から言うと、ブログを書くのにもっとも適しているのはMacBook Air、カスタマイズは必要に応じてということです。

実際に僕が「ブログを書く」ことを目的にMacBook Air(2020年版)を購入したので、なにを重視するべきかまとめました。

本記事の内容
  • ブログを書くの適したMacがわかる
  • ブログ用Macを選ぶときに優先するべきこと
  • カスタマイズをする基準がわかる

ブログに適しているのはMacなのか?

ブログを書くのに適しているのはMacBook Airだと断言しました。
そもそもなぜブログを書くのにMacを選ぶのでしょう?

WindowsよりMacを選ぶ理由は主に3つあります。

文字がきれい

RetinaディスプレイということもありMacは文字(フォント)が圧倒的にきれい。

Windowsはどうしても文字がギザギザした感じが目立ってしまい、長時間文字を見続けるブログ執筆では文字のきれいなMacを選ぶべきです。

iPhoneと連携しやすい

今の日本人の所有スマホはiPhoneが圧倒的に多いですよね。

Macの操作性はiPhoneの延長線上にあると言ってもいいくらい操作性がよくシンプル。

iPhoneでアイデアを書き留めておき、iCloudを通してMacと共有後に仕上げる、という使い方がとても便利です。

デザインがいい

Macを選ぶ人はデザインに惹かれたという人が多いのではないでしょうか。

僕もそのひとりで「かっこいいからなんとなく使ってみたい」というのが、初めてMacBook Proを買った動機です。

この「使ってみたい」という思いはとても重要だと思っていて、それがきっかけでブログを始めました。

自分の使いたいもので新しいことに挑戦するってすばらしい。

MacBook Airが最適な理由

正直言ってブログを書くなら、現在発売されているMacならどのMacでも書けます。

そのなかでもなぜMacBook Airがベストなのか?
その理由を解説します。

MacBook Airが最適な理由
  1. どのMacを選んでも十分すぎるスペック
  2. MacBookのなかでバッテリー持ちがいちばん良い
  3. コンパクトで軽い
  4. トラックパッドが使いやすい
  5. モバイルバッテリーの選択肢が広い
  6. コスパがいい

どのMacを選んでも十分すぎるスペック

今、発売されているすべてのMacはブログを書くには十分すぎるスペックのパソコンです。

カスタマイズもできますが、CPUもメモリもそのままでオッケー。

インターネットやエクセルやワード、ブログを書くという使い方であればMacBook Airの最小構成で十分です。

スペック的に問題なく動いてくれます。

MacBookのなかでバッテリー持ちがいちばん良い

MacBook Airのバッテリー持ちは「最大11時間のワイヤレスインターネット、最大12時間のApple TVアプリのムービー再生」となっています。

これがMacBook Proになると、それぞれが10時間ずつに減ってしまう結果に。

外出先で1時間以上長く使えるのは、電源を確保できない場合を考えると安心感がありますね。

コンパクトで軽い

持ち運ぶときはできるだけコンパクトに軽くしたいですよね。
MacBook Airの重量は1.29kg、MacBookのなかで一番軽く、それだけでMacBook Airを選ぶ価値はあります。

また、最低限の作業領域は確保したいブログ作業で13インチは絶妙な大きさのディスプレイ。

カフェでも難なく13インチのMacBookを広げられるので、スタバでMacBookを開く通称「スタバドヤ」もできます。

トラックパッドが使いやすい

トラックパッドがあるからMacを使うという人がいるくらいトラックパッドは便利です。

指先の操作だけで仮想デスクトップの移動、ブラウザのタブを開くなどすべての操作をマウスなしでできるのが最大のメリット。

マウスがいらないので持ち物もコンパクトになり、省スペースで作業することができます。

モバイルバッテリーの選択肢が広い

例えばMacBook Pro13インチをフルスピードで充電するには60Wの出力が必要で、モバイルバッテリーの大きさや価格も高くなってしまいます。

その点、MacBook Airをフルスピード充電するには30Wの出力でオッケー。

低い出力でフルスピード充電が可能なので、モバイルバッテリーも小さくなり価格も安く、選択肢も広がるので選びやすくなります。

コスパがいい

2020年版MacBook Airはものすごくコスパがいいです。価格が安い。

前モデルのMacBook Air2019は最小構成が119,800円からでした。

MacBook Air2020はCPUの性能が上がり、ストレージも倍の128GBから256GB、価格は15,000円も安なった104,800円です。

MacBook Airは2018年以降、性能が上がりつつも値段は下がるというモデルになっており、この傾向がいつまで続くかわからないので欲しいときに買っておくべきです。

カスタマイズするべきか

CPUやメモリをカスタマイズするかどうか悩むところですよね。

MacBook Pro、Mac miniを使ってきた僕なりの基準は下記の通りです。

カスタマイズしたほうがいい基準
  • 画像・動画編集をよくする
  • 同時に多くのアプリを立ち上げる
  • 数年先も使う予定

基準は自分のやりたい作業がマシンスペックを必要とするかどうか。

特に動画の編集をすることを考えているならば、MacBook Proを選びましょう。
動画の書き出し時間が全然違ってきます。

ブログを書くだけならカスタマイズしなくても問題なし。
頻繁に画像・動画編集をするかどうかを基準に判断すればオッケーです。

Macのメモリは8GBで十分?それとも16GB必要?【どっちを買うべきか】Macのメモリは8GBで十分か?それとも16GB必要なのか?答えは何を目的にMacを使うかで判断するのが重要です。最大メモリは多いに越したことはないですが、必ずしも必要以上にメモリを積む必要はないということを解説します。...

【まとめ】実際にMacBook Airを買いました

ブログ作業にはMacBook Air2020が最適である理由を解説しました。

僕が実際にブログ用にMacBook Airを買うときに悩んだ内容をまとめています。

どのMacを選ぶかは、自分がやりたい作業は何なのか考えて、その作業をこなすことができるMacを選べばいいでしょう。

MacBook Airのレビューは別記事にまとめました。

【MacBook Air 2020レビュー】プロセッサが進化!コスパ最高の魅力的なMacBookこの記事ではMacBook Air 2020をレビューしています。使用感はもちろんのこと、おすすめカスタマイズやどんな人に向いているか解説。...