\ 最大15%ポイントアップ! /詳細を見る

Belkin MagSafe充電器の使用感|3種類の充電器を実際に試してわかったこと

この記事内は広告を含む場合があります。

当サイトの記事では、「アフィリエイト広告」等の広告を掲載している場合があります。

消費者庁が問題とする「誇大な宣伝や表現」とならないようにコンテンツを制作しています。

問題のある表現がありましたら、お問い合わせよりお知らせください。

忙しい日常の中、複数のデバイスを効率的に充電したいと感じていることはありませんか?
そんなあなたにおすすめなのが、Belkinの3 in 1と2 in 1 MagSafe充電器です。これらの充電器は、iPhoneだけでなく、Apple WatchやAirPodsも同時に充電できる優れもの。しかし、それぞれに独自のメリットやデメリットが存在します。

例えば、3 in 1 MagSafe充電器はiPhone、Apple Watch、AirPodsの3つを同時に充電できる一方、Apple Watchの充電が不要な場合は2 in 1 MagSafe充電器がより適しているかもしれません。

本記事では合計3種類のBelkin Magsafe充電器を実際に使ってみたので、具体的なメリットとデメリット、ライフスタイルに最適な選択ができるよう解説します。

どの充電器があなたに適しているのか、ぜひ最後まで読んでみてください。

本記事では高さのあるMagSafe充電器2種を通常型、もう一方をパッド型と呼び区別します。

目次

BelkinのMagSafe充電器の特徴

BelkinのMagSafe充電器の特徴は、まずその高いデザイン性と使い勝手の良さです。
充電器自体が非常に洗練されたデザインで、デスクやベッドサイドに置いても違和感がありません。

後ろから見ても美しいデザイン


また、MagSafeの磁力が強力で、iPhoneをしっかりと固定できるのも評価できるポイント。特にMagSafe対応デバイスを持っているユーザーに必須と言ってもいいくらいおすすめの充電器です。

デザイン性

スタイリッシュでモダンなデザインが特徴です。シンプルでありながら高級感があり、どんな場所に置いても違和感がありません。

充電性能

MagSafeに対応しているため、iPhoneを効率的に充電できます。最大15Wの高速充電に対応しており、通常のワイヤレス充電器よりも速く充電できます。

また、MagSafeのマグネットによってデバイスがしっかりと固定され、ずれることなく安定して充電が行えます。充電面とデバイスの位置を気にせずに充電できるのが便利ですね。

Belkin 3 in 1・2 in 1 MagSafe充電器(通常型)のメリットとデメリット

メリット

まず、Belkin 3 in 1 MagSafe充電器(通常型)の最大のメリットは、複数のデバイスを同時に充電できること。iPhone、Apple Watch、AirPodsを同時に充電できるのが非常に便利です。
2 in 1 MagSafe充電器でもiPhone、AirPodsの2つを同時に充電できます。

また、各デバイスごとに最適な充電速度を提供してくれるため、短時間で効率よく充電が完了します。デザインもミニマルでインテリアにマッチしやすく、iPhoneの横置きも対応しているため、動画を視聴しながら充電することも可能です。

デメリット

一方で、デメリットとしては3 in 1の価格が高めです。一度に複数のデバイスを充電できるメリットはあるものの、充電器にこの値段は躊躇するかもしれません。

また、充電器自体に高さがあり、設置の自由度が低い点も若干のデメリットといえるでしょう。特に高さをコンパクトに抑えたいときは設置に困ることがあるかもしれません。

Belkin 3 in 1 MagSafe充電器(パッド型)のメリットとデメリット

メリット

Belkin 3 in 1 MagSafe充電器(パッド型)のメリットとして、まずそのコンパクトさが挙げられます。iPhoneとApple Watch、AirPodsを同時に充電できるのに、デザインが非常にスリムで場所を取りません。

また、パッド型で高さが抑えられているのでディスプレイ下の限られたスペースでも置けるのが便利です。

デメリット

デメリットとしては、充電中にiPhoneの画面が見にくいこと、横幅があるため若干のスペースを取ることです。

MagSafeの向きの都合上、iPhoneを強く引っ張ると充電器ごと動いてしまう場合がありました。そのため使用場所によっては注意が必要ですね。

それぞれの充電器の適しているシチュエーション

Belkin 3 in 1 MagSafe充電器は、複数のAppleデバイスを所有している方に特におすすめです。デバイスをまとめて充電したい方や、充電の手間を最小限に抑えたい場面で真価を発揮します。

一方、Belkin 2 in 1 MagSafe充電器は、iPhoneとAirPodsを持っているが、Apple Watchを持っていない方に適しています。

上下にスペースがなく、スリムなデザインを好む方にはパッド型が最適でしょう。
それぞれに特徴があるのでライフスタイルに合わせた選択が重要ですね。

まとめ

この記事では、BelkinのMagSafe充電器のメリットとデメリットについて使用感をもとに解説しました。

どの充電器も、複数のデバイスを効率的に充電したいと感じている方には非常に便利なアイテムです。3 in 1 MagSafe充電器は、iPhone、Apple Watch、AirPodsをすべて同時に充電できる点が魅力ですが、その一方でデスクスペースを多く必要とします。2 in 1 MagSafe充電器は、高さは必要なものの見た目がシンプルなのがメリットです。

充電効率やデザインはすべての製品で優れているので、自分のライフスタイルや設置場所に最も合った充電器を選ぶことが充電のストレスを軽減する第一歩。僕はディスプレイ下に置きたいのでパッド型を置いて、リビングなどには高さのある3 in 1や2 in 1を置いています。

iPhoneの充電にはBelkinがぴったりなので、ぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次