ZtotopCases iPad Mini6ケース レビュー|オートスリープが機能しないが対処法あり

iPad mini 6の必須アクセサリといえばケース。iPad mini 6本体は迷いなく購入しましたが、どれにしようか迷ったのがケースでした。

純正のSmart Folioがもっともマッチすることはわかっていますが、7,000円以上の値段に躊躇しているうちに発売日に届かなくなってしまいました。

そこでAmazonで見つけたのが「ZtotopCases iPad Mini6ケース」です。

その見た目はSmart Folioにそっくり、しかし実際はオートスリープが機能しないというなんとも残念なケースでした。(対処方法あり)

買ってから後悔しないように、今回はZtotopCases iPad Mini6ケースをレビューしていきます。

目次

ZtotopCases iPad Mini6ケースのデザイン

さっそく開封していきます。

箱の写真のカバー側には「Ztotop」の文字が刻印されているように見えますが、実際に文字は入っていません。

わかりにくいことしますね・・・。

こちらがカバー本体。

質感はマットでサラサラする手触り。質感は悪くありません。

裏面も同じ質感。

カメラ周りもピッタリの大きさにくり抜かれています。

内側はファブリック素材。

触ると少し固めですがディスプレイはしっかり保護してくれます。

iPad mini 6を装着したところ。

マグネットで吸着し簡単に落ちる心配はなさそうです。

ZtotopCases iPad Mini6ケースの使い勝手

スタンドとして使うなら純正のSmart Folioと使用感はまったく同じ。最低限の保護とスタンドとしての実用性は十分です。

ケースのサイズはiPad mini 6よりやや大きく、電源ボタンに指を添えるときに少し当たります。

最初は違和感がありましたが慣れると問題なし。

質感は悪くない

2,699円という値段を考えると質感は悪くはなく最低限のケースという印象。

カバーを開けたとき、内側にZtotopのロゴが入っているので気になる人は気になるかもしれません。

オートスリープが機能しないのが致命的

ZtotopCases iPad Mini6ケースの致命的な欠点がオートスリープが機能しないということ。

ケースのカバーを開けるとディスプレイがオン、閉じるとオフという便利な機能がオートスリープです。

ディスプレイ側のセンサーがカバーでしっかり隠れることで機能するのですが、カバーがiPad mini 6の本体サイズに合っていないせいでカバーが浮いてしまいセンサーが反応しません。

iPad mini 6本体の厚みよりカバー側の厚みが大きいことが原因。

カバーの左側が浮いているのでセンサーが反応しない

Amazonの商品ページにはオートスリープに対応と書いているにも関わらず、実際には使えないというのは問題。

レビューにオートスリープが反応しないとコメントされているのも見られるので、個体差ということではなさそうです。

反対側は問題なし

ちなみに反対側はカバーがピッタリ合っているので問題ありません。

オートスリープが機能する方法あり

一応、オートスリープを機能させる方法を発見しました。

それはカバー側と本体側を繋ぐ部分を重いもので押さえつけてカバーの高さを低くすること。

サイド部分が押しつぶされているのがわかります

こうすることによって本体のサイドに当たる部分が押しつぶされて、iPad mini 6にフィットするようになります。

僕は1日ほど机の脚で押さえつけました。

そのときの注意点は下記のとおり。

  • 押さえつける部分の上下に新聞紙等をはさんでケースを保護する
  • ケース全体ではなくサイド部分のみ押さえつける

最初はケース全体を押さえつけましたが、あまり意味はなかったです。なので全体ではなくカバー側と本体側を繋ぐ部分のみを押さえつけます。

あくまで僕の場合なので自己責任でお願いします。

ZtotopCases iPad Mini6ケースのレビューまとめ

まだiPad mini 6が発売したばかりでケースの選択肢も少ないので買ってみましたが、オートスリープが機能しないのは残念なケース。

質感などは悪くないだけに惜しいです。

オートスリープが機能しないこと以外は良いケース

画面保護やスタンドとしては優秀なケースで、自分でオートスリープが機能するように対処するという方法もあります。

純正と比較するとSmart Folioは価格が高いが高品質、ZtotopCases iPad Mini6ケースはコストパフォーマンスに優れたケース。

オートスリープの対処法に気付く前にSmart Folioを買ってしまいましたが、買う前に気付いていればしばらく使っていたと思います。

オートスリープは自分で対処するという人はぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる