iPhone

iOS 13.5でマスク着用時に素早くFace IDロック解除が可能に

Appleは2020年5月21日、iOS 13.5を公開しました。

このアップデートは主にマスク着用時にFace IDのロック解除において、すぐにパスコード画面へ移行する、AppleとGoogleが共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されたことです。

アップデートの詳細はこちら

iOS 13.5では、マスク着用時にFace ID搭載デバイスのパスコードフィールドに素早くアクセスできるようになります。また、公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知APIが導入されます。このアップデートにはさらに、グループFaceTime通話のビデオタイルを自動的に目立たせる機能を制御できるオプションが追加され、バグ修正およびその他の改善も含まれています。

Face IDとパスコード

  • Face ID搭載デバイスでのマスク着用時のロック解除操作を簡略化
  • マスク着用時にロック画面の下端から上にスワイプすると、パスコードフィールドが自動的に表示
  • App Store、Apple Books、Apple Pay、iTunesや、Face IDでのサインインに対応するその他Appでの認証時にも使用可能

接触通知

  • 公的保健機関から提供される新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触追跡Appに対応する接触通知API

FaceTime

  • グループFaceTime通話で参加者が話しているときにビデオタイルのサイズが変更されないように、自動的に目立たせる機能を制御できるオプション

このアップデートにはバグ修正およびその他の改善も含まれています。

  • 一部のWebサイトからストリーミングビデオを再生しようとしたときに黒い画面が表示されることがある問題を修正
  • 共有シートでおすすめやアクションが読み込まれないことがある問題に対処

マスク着用時に素早くFace IDロック解除が可能に

今までマスク着用時にFace IDでロック解除しようとすると、何度かロック解除を試みようとするのですぐにパスコード画面入力になりませんでした。

iOS 13.5へアップデートすることにより、Face IDがマスク着用と判断するとすぐにパスコード入力画面に切り替わるように。

これによってFace ID搭載iPhoneのロック解除時間が短縮されました。

COVID-19接触のログ記録

COVID-19接触のログ記録は「設定」→「プライバシー」→「ヘルスケア」から確認できます。ただしサードパーティ製アプリが必要で、現時点で存在しておらず使うことができません。

この機能は位置情報を利用しコロナウイルスの接触を追跡できるようになるもの。

コロナウイルスは世界の状況を変えてしまった感染症ですが、デバイスのOSという根本的なシステム開発にまで影響するまでになってしまいました。

iOSのアップデートは「設定」アプリの「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から。

Face ID
マスクをしていてもFace IDで認証できる2つの方法を解説iPhoneに搭載されているFace ID(顔認証)を使っていて、マスクをしたまま認証できたらいいなと思ったことはありませんか?マスクが手放せないときにいちいちマスクを外すのはめんどくさい。そこで便利なFace IDをマスクを外さなくても認証できる2つの方法をご紹介します。...