TP-Link Deco X50 レビュー|AIメッシュを搭載したメッシュWi-Fi6ルーター!Decoシリーズの比較も

自宅で快適なネットを環境を構築したい、そんなときに有効なのがメッシュWi-Fiです。

メッシュWi-Fiは複数のルーターを設置して接続先や周波数帯(2.4GHz/5.0GHz)を自動で選んでくれて、家の中を移動したときも最適なルーターに接続してくれます

各社からメッシュWi-Fiのルーターが販売されていますが、TP-Link(@tplinkjapan)のDecoシリーズは生活空間に馴染むデザインで設置場所を選ばないのがポイント。

自宅ではDeco X20を2ユニット使っていて、家の中に死角のないネット環境を構築できています。

そのDecoシリーズの新製品「Deco X50 」が2022年4月に発売になりました。

もちろんWi-Fi6に対応しているので高速なネット環境が構築でき、2ユニットで420㎡もカバーできるメッシュWi-Fiルーターです。

最大通信速度は最高2,402Mbps、4ストリームに対応しているので遅延が少ない高速通信を実現しています。

ストリーム数とは

電波の通り道のようなもので、本数が多いほどデータがスムーズに通ることができ最大通信速度も上昇します。

さらにネットワーク環境を学習し、使用環境に合った理想的なWi-Fiを提供するAIメッシュにも対応

というわけで今回はメッシュWi-Fiルーター「Deco X50 」をレビューしていきます。

本記事はメーカー様にサンプル品を提供していただき作成しています。

目次

Deco X50の特徴はAIメッシュ搭載の高速で安定した回線

TP-Link Deco X50はルーターを複数設置することで真価を発揮するメッシュWi-Fiルーター。

主なDeco XシリーズはDeco X20、Deco X60、Deco X90があり、そこにX50が加わりました。

それぞれのスペック比較はこちら。

スクロールできます
Deco X20Deco X50Deco X60Deco X90
規格IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)*W52のみ
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
IEEE 802.11ax/ac/n/a (5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
IEEE 802.11ax/ac/n/a (5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
IEEE 802.11ax/ac/n/a (5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:2402Mbps
2.4GHz:574Mbps
5GHz:4804Mbps
5GHz: 1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
Wi-Fi範囲370㎡
(2パック)
420㎡
(2パック)
460㎡
(2パック)
560㎡
(2パック)
ストリーム数4ストリーム4ストリーム6ストリーム8ストリーム
プロセッサークアッドコアCPU1GHzデュアルコアCPU1GHzデュアルコアCPU1.5GHzクアッドコアCPU
AIメッシュ×
ポート数2322

Deco X60はバージョンが2つ(V1・V3)あり今回はV3で比較。

Deco X90は特に突き抜けているスペック、Deco X50はX20とX60の中間的な位置づけで良いとこ取りのルーターです。

このなかでもDeco X50のみWAN/LANポートを3つ搭載。2つだと少し物足りない場面が多かったので、ポート数が増えたことは嬉しいポイント。

さらにX20にはなかったAIメッシュを搭載しているのもX50の特徴です。

メッシュWi-Fiと似たような仕組みに中継機を使用する方法もありますが、手動で接続先(SSID)を切り替える必要があったり、親機の負荷が増えてしまうという不便さもあります。

その点メッシュWi-Fiは中継機と違って接続先(SSID)がひとつだけ。

メッシュWi-Fi
中継機

中継機ではそれぞれ接続先を変更する手間がありますが、メッシュWi-Fiはどこで使っても自動的に切り替わります。

実際にWi-Fiを使用している場面を想像してみると、いちいち自分で接続先を変更するのは不便ですよね。

Decoシリーズ内なら異なったラインナップの製品でもメッシュWi-Fiを構築することができます。

Deco X50のデザイン

レビューするのは2ユニットのDeco X50です。

ルーターには見えないシンプルなデザイン。

サイズは110 × 110 × 114 mmと小さめ。

背面はWAN/LANポートが3つ。いままでのDecoは2つしかなかったので1つ増えるだけでも使い勝手は上がりました。

上面もシンプル。

底面にはリセットボタンと熱を逃がすための排気口があります。

付属品はこのとおり。

電源ケーブル一体型のアダプタが2つ、LANケーブルが1つ、各種説明書です。

今まで自宅で使っていたDeco X20と比較してみました。

サイズ感は全く一緒。ロゴがTP-Linkからdecoに変わっています。

見ての通り背面のWAN/LANポートが2つから3つに。

デザインはほぼ同じにも関わらず機能性が向上しています。

Decoアプリの設定とできること

Deco X50の接続設定はスマホアプリ「TP-Link Deco」で行います。

画面の説明通りに操作すれば簡単に繋がる使いやすいアプリ。

今回はすでに構築していたメッシュ環境にDeco X50を追加する方法を紹介します。

TP-Link Deco
TP-Link Deco
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ
STEP
既存のDecoシリーズに追加する。

アプリから追加したい製品を選び設置する環境に最も近いレイアウトを選びます。

1〜3階までありましたが、自宅はマンションなので1階を選択。

STEP
Deco X50を接続する。

追加するDeco X50は書斎に設置。

接続が終わると画像の様に「書斎」という名前でDeco X50が追加されました。

STEP
メインのDecoを変更する。

メインになるDecoは高性能なものに設定したほうが良さそうだったので、Deco X50に変更しました。

これもアプリで簡単に変更できます。

正しく変更できると「書斎」に設置したDeco X50の横に「メインのDeco」と表示されます。

Deco X50を使ってみてネット環境はどう変わった?

Decoでメッシュ環境を構築すると、家の中にWi-Fiの死角がなくなりどこでも快適にネット接続を行うことができます。

最初はDeco X20にDeco X50を追加して使ってみましたが、Deco X50のほうが性能が高く安定してスピードが早かったので、Deco X50を2ユニット設置する運用に変えました。

その回線スピード測定の結果も書いていきます。

回線スピード測定に使用したデバイスはiPhone12 mini、3LDKのマンションに2ユニット設置の場合です。

Deco X20で回線スピード測定

Deco X20のすぐそば
2ユニットの中間地点

Deco X50で回線スピード測定

Deco X50のすぐそば
2ユニットの中間地点

Deco X20でも十分快適だと思っていましたが、Deco X50はそれ以上の結果。

やはり上位機種は離れた場所でも電波が届きやすいという特徴があります。

すぐそばで使っていてもあまり差は感じられない気もしますが、少し離れて使っていると回線速度が安定しているのが体感できました。

Deco X50のレビューまとめ

今回はDeco X50をレビューしました。

ずっと自宅ではメッシュWi-Fi環境を構築しており快適なネット生活が送れています。

そのシンプルな見た目も気に入っていて置き場所を選ばないのもお気に入り。

周りと馴染むシンプルなデザイン
良いところ
気になるところ
  • 安定した高速通信
  • 接続先(SSID)が1つ
  • 設定が簡単
  • アプリが使いやすい
  • 2ユニットだと価格も高い

あえて気になるところを上げると、複数個の設置が前提なので2ユニット以上は価格が高くなるということ。

それでも毎日使うネットが快適になるので早めに導入して欲しいのが本音です。

下位モデルのDeco X20よりスペックに余裕のあるDeco X50を選んだほうが、これから増えていくデバイスに対応しやすいかなと思いますね。

メッシュWi-Fiは想像以上に快適なので、Deco X50をぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
目次
閉じる