【レビュー】Ankerのスタンド式ワイヤレス充電器を使ったら便利だった話

とても便利なワイヤレス充電器。

先日、Ankerのワイヤレス充電器を購入しました。

商品名はAnker PowerWave 7.5 Stand

スタンド式は初めて購入したのですが、思いのほか便利だったのでレビューしていきたいと思います。

ワイヤレス充電器はたくさんあってどれを買えばいいか分からない、どういう基準で選べばいいか知りたいという悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。

目次

外観レビュー

さっそく外観レビューからいきましょう。
もちろん日頃お世話になっているAmazonで注文。

Ankerの外箱もおしゃれ。
Appleと同じくらい外箱の密封度が好きです。

型押し加工が入っていますね。
Anker製品は今までいくつか購入していますが、型押し加工は初めて見ました。

蓋を開けたところ。
しっかりと包装されています。

こういう気づかいが大事です。

内容物はシンプルに充電器本体とUSBケーブルのみ。

ケーブルが付属しているのが地味に助かりますね。

こちらが充電器本体。
傷ひとつなく美しい本体です。

しっかりと包装されており品質も確かなのがAnkerのすばらしいところ。

Anker PowerWave 7.5 Standの他との違い

Anker PowerWave 7.5 StandはAnkerスタンド式ワイヤレス充電器です。

置くだけ充電ならぬ立てるだけ充電ですね。

他の置くだけ充電との違いは

  • 着信がすぐわかる
  • Face IDが使いやすい
  • 置くときずれない

僕はMacbook Proで作業しながらiPhone11 Proを充電しているのですが、ディスプレイ横に置きながら作業するときが一番便利な使い方です。

着信がすぐわかる

作業したいけど電話やLINEなどの連絡はすぐ気付きたい、そんなときありますよね?

机の上に置くだけだと角度的に画面が見えず着信に気付きにくいですが、スタンド式だと画面が見やすいのでとてもわかりやすい。

Face IDが使いやすい

iPhoneⅩ以降だとFace ID搭載です。

ロック解除にはもちろん顔を向けて認証する必要がありますので、スタンド式でスマホに角度がついていればiPhoneを持つ必要もなくロック解除できます。

置くときにずれない

平面に置くタイプのワイヤレス充電器は、充電できる範囲がかなりシビアなことが多く「実は充電できてなかった」ということがあります。

Anker PowerWave 7.5 Standの場合、置く位置をあまり考えずシンプルに立て掛ければしっかり充電されるので安心。

デメリット

デメリットはAnker PowerWave 7.5 Standだけに言えることではありませんが、ワイヤレス充電なので充電速度が遅いこと。

iPhoneのワイヤレス充電は最高でも7.5Wまでしか出力できないので、ケーブル直挿しよりは速度が劣ります。

時間がないときはケーブル、家に帰って作業しながらの充電はワイヤレス充電と使い分けると便利。

まとめ

充電関連はAnkerにお世話になっているので、今回は初めてAnkerのワイヤレス充電器を購入しレビューしました。

ワイヤレス充電のデメリットは充電速度が遅いということしかないので、積極的に使っていくとiPhoneライフが便利になりますよ。

そもそもワイヤレス充電とは?を下記の記事で解説しているので、こちらもどうぞ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる