【Rank Trackerの順位が更新できないときの解決方法】キャッシュをクリアすればOK

サイトの検索順位確認ツール「Rank Tracker」を使っていて1点気になることがありました。

それは何度更新ボタンを押しても順位が更新できないときがあること。

更新できないというか、順位確認が一瞬で終わるような動き。

いろいろ調べてわかったのが、Rank Trackerは23時間キャッシュを保持するということでした。

Rank Trackerのキャッシュ機能

順位確認が中断されたとき、キャッシュを保持していると停止したところから再開してくれる。

23時間経つとキャッシュが自動的に削除され、新たに順位確認がおこなえます。

しばらく時間をおいた後、チェックできるようになっていたのも納得。

この記事ではRank Trackerで順位が確認できないとき、順位確認ボタンを押しても反応しないときの解決方法を解説します。

キャッシュを23時間保持しているので、キャッシュ削除しない限り何度確認しても順位は更新されません。

目次

Rank Trackerのキャッシュを削除する方法

STEP
Rank Trackerメニューバーの「環境設定」をクリック

Mac版を元に解説しますが、Windows版でも同様の設定から入ってください。

STEP
「その他グローバル設定」をクリック

環境設定をクリックしたら、次に「その他グローバル設定」をクリック。

STEP
「グローバル環境設定」をクリック

左列に「プロジェクトの環境設定」と「グローバル環境設定」があるのでグローバル環境設定をクリック。

STEP
「確認結果をキャッシュ中」のチェックを外す

「確認結果をキャッシュ中」のチェックを外します。

そうするとRank Trackerはキャッシュを保持しなくなり、いつでも最新の順位が確認できます。

一時的に確認したいときは、「キャッシュをクリア」をクリックすれば即キャッシュが削除されます。

STEP
「OK」をクリック

最後にOKをクリックして保存すれば完了です。

まとめ

Rank Trackerが更新ができないときの原因のひとつである、キャッシュを保持している場合の対処法について解説しました。

23時間キャッシュが保持される仕様と、設定で変更できることに気づくまで相当な時間がかかりました。

こんなにメジャーなアプリだから何か原因と解決方法があるはずと調べた結果です。

Rank Trackerはかなり多機能な検索順位確認ツールなので、これを機会に他の設定も見直してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる