サービス

Twitterカードがうまく表示されないときの対処方法

TwitterにURLを投稿すると画像と内容がわかりやすく表示されます。

これはTwitterカードと呼ばれており、自動的に表示されるもの。

ブログ記事のアイキャッチが表示されているのですが、文字やURLよりこちらのほうがクリックしたくなりますよね。

このTwitterカードがなにかが原因で表示されない、またはアイキャッチを変更したけどTwitterカードは更新されていないときの対処方法を解説します。

Card validatorでTweetのキャッシュを削除

解決方法はCard validatorから当該Tweetのキャッシュを削除すること。

Card validatorはTwitter社のサービスなので、Twitterアカウントでログインしてから使います。

「Card URL」にURLを入力し「Preview card」をクリック。
すると右側にTwitterカードのプレビューが表示されます。

これで正しく表示されていればTwitterカードの更新は完了。

Card validatorでも反映されないとき

この方法でも反映されないときは、URLを打ち込んで「Preview card」でひたすら更新する、それでも反映されないときはしばらく時間をおいてみてください。

これはうまくTwitterカードが表示されなかったときですが、何度か更新することで表示されるようになりました。

まとめ【原因はTwitter側のキャッシュが削除されていないこと】

Twitterカードがうまく表示されない原因はTwitter側のキャッシュが削除されていないこと。

このキャッシュを更新することで正しく表示されます。

Twitterによると定期的にウェブクロールをおこないメタ情報を更新しているので、放置していればいつかは更新されるかもしれません。

すぐに正しい表示にしたいときはCard validatorでキャッシュを更新しましょう。

Twitterカードがうまく表示されないときは、「Card validator」でキャッシュを更新する。

ツイートソースラベルは消せるのか?Twitter Web Clientとは?どうも!ふくろう(@hakolognet)です。 最近のTwitter公式アプリのアップデートで「ツイートソースラベル」というもの...