iPhone

【レビュー】メッシュのおしゃれなiPhoneケース┃Facecolor for iPhone

メッシュのiPhoneケース、Facecolor for iPhone 11 Proを購入しました。

iPhoneの保護だけでなく、見た目や機能性にもこだわりたいApple好きとして納得のいくiPhoneケースだと断言できます。

  • 適度な厚みと弾力でiPhoneを保護
  • メッシュで通気性が良い
  • 手触りがサラサラ

ケース全体に無数の穴が空いているメッシュケースを使うのも初めてでしたが、サラサラしてさわり心地がよく、低価格なのに品質が悪いということもありません。

開封から使用感までレビューしていきます。

Facecolor for iPhone 11 Proの開封と外観レビュー

外箱です。
この時点ではいかにも中国製って感じの箱だったので、正直あまり期待できないかなと思ってました。

開けてみました。
あれ?ちゃんと保護されてるし意外と悪くない。

けっこうちゃんとしたケースでした。
触った感じはソフトケースよりは硬めでサラサラです。

ゴムのようにベタつく感じはまったくなく、いつまでも触っていたい感じ。

裏面から見ると、すべての穴にバリが残っていますね。

触ってみましたが、素材がやわらかいのでiPhone本体に傷がつくことはないでしょう。

カメラレンズ周りはズレもなくぴったり。

レンズより1mm以上の高さもあるので、机に置いたときに傷がつく心配もなしです。

レンズに傷がつくのはもちろん避けたいですが、iPhone 11 Proのカメラはサファイアガラスというかなり硬い素材なので、他の機器と擦れたときは機器に傷がつく場合があります。

それを避けるためにも、iPhoneケースでレンズを保護することが重要なのです。

充電端子周りは全面カバーされています。

例えばApple純正ケースはこの部分がノーガードなので、落としたときのダメージが大きい。

その点、全面が保護されているケースは安心です。

電源ボタンや音量ボタン周り。
赤いボタンがいいアクセントになっています。

素材はプラスチックのような少し硬め。

ちなみに本体の黒とボタンの赤を見たときに、僕はレノボのThinkPadを思い浮かべました。

実際にiPhone 11 Proに装着。

薄くリンゴマークも見えるのがポイント。

想像以上の一体感。

ディスプレイよりケースのほうがほんの少し高さがあり、ディスプレイを下に置いても傷がつきにくくなっています。

カメラレンズ周りもぴったり。

充電端子周りも窮屈な感じはないので、純正ではないアンカーのケーブルも問題なく使えました。

iPhone 11 Proのステンレスが少し見えるのがいい感じ。

マナーモードスイッチのみカバーはありません。

Facecolor for iPhone 11 Proの使用感

まず使ってみて思ったことは素材感がいいということ。
本当にサラサラとした質感。

メッシュなので本体や手の熱も逃しやすい形となっているためだと感じています。

素材はTPUですが、よくある透明ではないので劣化も分かりづらいと思います。
TPU素材のクリアケースはすぐに黄色く変色してしまうんですよね。

【まとめ】全面保護の安心感と通気性の良さ

久々にiPhoneケースを変更しました。

Apple好きとしては純正レザーケースを使ってみたい気持ちが強かったのですが、充電端子周りの下部がまったく保護されていないのが購入しなかった理由。

レザーの質感は素晴らしいと思いますが、落としたときの精神ダメージを考えるとどうしても全面保護は必要でした。

Facecolor for iPhone 11 Proは適度な厚みがあってもiPhoneが持ちにくくならず、しっかり保護されている安心感もあるのがいいですね。

iPhone 11 Pro用のほかに、iPhone8用やiPhone XR用もありカラーも緑と青の計3色展開なので、きっと気に入るものがあると思います。