Mac

Mac版 Tweetbotのオリジナル機能と特徴

iPhoneでも使用しているTwitterアプリのMac版、Tweetbotを購入しました。

iPhone版が600円、Mac版が1,200円と少し高めだけど、愛用者も多いのがTweetbot。

Mac版は「Tweetbot2」から「Tweetbot3」にパワーアップしたときに、アプリアイコンがキリリとした鳥に変わりました。

個人的に立体的に見える鳥のアプリアイコンがお気に入り。

Twitter公式のアプリが復活するそうですが、現在MacでTwitterを見る場合はTwitter社が推奨するSafariなどのブラウザから見るか、サードパーティ製アプリから見るかの二択です。

Tweetbotの特徴はこちら。

  • 広告が表示されない
  • 他人の会話がでない
  • iCloudでタイムライン同期

タイムラインに本当に必要な情報のみ表示してくれるようになります。

ブラウザから見ると広告が気になりませんか?
広告がないタイムラインは想像以上に快適ですよ!

Tweetbot 3 for Twitter
1,200円
(2019.06.30時点)
posted with ポチレバ

デザイン

左のサイドバーから検索や通知などの一通りの機能を使えて、その右側がタイムラインです。

さらにタイムライン上に未読数も表示されます。

複数アカウントの場合も同時に並べて表示させることも可能なので、同時に確認したい場合は便利ですね。

流行りのダークモードも搭載されており、目に優しいTwitterアプリとなっています。

広告がでない

iPhoneの公式Twitterアプリでもそうですが、プロモツイート(広告)が一切表示されません。

タイムラインを見ている時に出てくる関係ない広告はすごい邪魔。
しかもかなりの頻度でタイムラインに割り込んできます。

Tweetbotを使うだけで一切広告が表示されないのは思った以上に快適で、それだけでも使う価値がありますね。

他人の会話が出ない

他人の会話もタイムラインに出てきますよね。
Tweetbotならその会話も出てこなくなります。

iCloudでタイムライン同期

iPhoneやiPadでもTweetbotを使用している場合、iCloudを通してどこまでタイムラインを見たか同期できます。

これがかなり便利でお気に入りポイント。

マウスオーバーで動画、GIF再生

タイムラインの動画、GIFにマウスカーソルを置くとそれぞれが再生されます。

勝手に再生されてタイムラインがゴチャガチャすることもなくスマートに見れます。

グループDM、アンケート機能が使えない

TweetbotのデメリットとしてグループDMとアンケート機能が使えません。
これはTwitter社がAPIを公開していないためなのでしょうがないかな。

もし必要であれはブラウザからならオッケーなので、どうしても必要な場合はブラウザで!

使ってみましょう

いくつかTwitterアプリを使いましたが、Tweetbotはデザインもおしゃれでタイムラインに必要な情報を表示することに特化しているアプリですね。

Macで常にTwitterを見ると言う方は、ぜひTweetbotで快適なTwitterライフを送ってください。

Tweetbot 3 for Twitter
1,200円
(2019.06.30時点)
posted with ポチレバ

ちなみに「TweetDeck」ならブラウザで似たような感じで使うことができます。
下記の記事も参考にどうぞ。

TweetDeckで絵文字が使えるChrome拡張機能が便利どうも!ふくろう(@hakolognet)です。 あなたはTwitterをやるときスマホ派ですか? それともパソコン派ですか? ...