Mac

Macに必須!クリップボード拡張アプリ「Clipy」の使い方

どうも!ふくろう(@hakolognet)です。

個人的にMacに入れておくべき神アプリはいくつかあるのですが、今回はクリップボード拡張アプリ「Clipy」をご紹介します。

このアプリはcommand + v でコピーしたテキスト・画像などを何十個でも記憶し続けてくれるアプリ。

普通はコピーした内容を他のページに貼り付けるとき、何度もページを切り替えて作業しますよね?

Clipyであれば一気にコピー、一気に貼り付けが可能になり、すさまじい作業効率化につながります。

なんとフル機能が無料で使えますし、僕なら有料でも買いますね。

どんな人に向いているアプリ?
  1. 普段からよくコピー&ペーストを使う
  2. スペニットアプリとしても使いたい
  3. 作業効率化が大好き
  4. Macの神アプリを探している

インストール方法

ClipyはMacアプリストアにありません。
公式サイトからダウンロードしましょう。
Clipy公式サイト

「Download」をクリックするとファイルがダウンロードされるので、展開後アプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップ。

Clipyの使い方

起動するとメニューバーにアイコンが表示されます。

僕はコピーした履歴の保存数を30に設定しているので、10ずつ分けられた状態で保存されています。
ちなみに保存数は任意で変更可能。

command+v でコピーした内容がすべてClipyに保存されていくのです。

冒頭で述べたように、ページを何度も切り替える必要がなく、一度にコピーしまくってまとめてペースト!という使い方が可能に。

画像ではメニューバーから機能を使っていますが、「履歴」「スペニット」を独自のショートカットで画面上に呼び出すこともできます。

慣れたらそっちのほうが使いやすいですね。

スペニットも登録できる

Clipyはスペニットも登録できます。

スペニットとは定型文や単語の辞書機能のようなもの。
ただ、普通の単語登録と違う点は、入力後のカーソル位置を指定することができるなど、細かい機能が実装されています。

僕は「Markdown」と「Twitterアカウント」のスペニットを登録しています。

「Markdown」はMarkdown記法で項番を表示させたいときに、「Twitterアカウント」はこの記事最初の「ふくろう(@hakolognet)です。」を入力したいときに使っています。

【まとめ】Macなら必須アプリ

今回はClipyをご紹介しました。
コピー&ペーストを超強化、スペニットで最速の文字入力。

パソコンの文字入力を数段レベルアップさせてくれるClipyを使わない理由はありません。

インストールは公式サイトから!
Clipy公式サイト

Macの操作が捗るPopclipの使い方と機能紹介どうも!ふくろう(@hakolognet)です。 Macでコピー&ペーストをするときってもちろん「Command + C」 や「C...