ウェブ

ソシャゲに200万円かけた課金者が語る、廃課金あるある

僕は3年ほど前、いわゆるソシャゲにハマっていました。

現在はサービス停止となってしまったものもありますが、主に「白猫プロジェクト」「パズドラ」などで合計3年程続けてたかな。

なんと3年で課金した合計金額200万超!
数えなきゃよかった・・・

「200万円程度は無課金」なんておっしゃる方もいるかもしれませんが、普通の会社員にとって200万円は大金ですよ。

車買えるじゃないか。

当時はゲーム内のガチャを規制すべき!とか社会問題にもなっていましたよね。

まさしくそのガチャ地獄にドップリとハマってしまったので、当時の体験談を含め「廃課金あるある」をお話しようと思います。

廃課金あるある8の心得

金銭感覚が麻痺してくる。

課金はすべてクレジットカードで行っていました。

現金のやりとりがないので、お金を払っている感覚がなくなる。
ボタンひとつで5千円ずつの課金。

もう感覚がおかしくなる。

特にイベント時は新キャラが出るたびに課金課金課金。

目当ての新キャラを出そうと思ったら、2万3万は速攻飛んでいくので「出るまで回す」状態になってしまう。

場合によっては5万でも10万でも出ない。

「出るまで回せば実質無料」なんて名言?があるけど、もうそこまでいったら立派な中毒ですよ。

月々のクレジットカード請求が数十万単位になる

もちろん日常のありとあらゆる買い物をクレジットカードで済ませていると、支払いが数十万になることはわりと有り得ます。

ただこの場合は「課金額のみ」で数十万に達してしまうこと。
ちなみに僕の月額最高課金額は30万円でした。

イベントで2週間程の間に課金してしまった額で、しかも目当てのキャラが出ないうえに、カードの請求だけがとんでもないことに。

イベント開始スタートからトイレにこもりだす

だいたいイベント開始と同時に新キャラが出てきたり、特定のキャラの排出率アップなどが行われます。

ソシャゲのガチャ中毒になると「とりあえずガチャを回したい」心理状態になるため、仕事が終わるのを我慢できず、イベントスタートと同時にトイレにこもってガチャを回し出すのです。

仕事しろ自分。

夜中に起きてガチャを回す

夜中、早朝にふと目が覚めるときありますよね。
そのときもガチャを回してしまう。

ちなみにそのときに目当てのキャラが出たことはない。

Twitterの投稿がガチャ画像のみになる。

ソシャゲのゲーム部分、パズドラでいえばパズルの部分がめちゃくちゃうまい人はクリア画面のスクショが多かったりする。

しかし廃課金者の場合、ガチャで目当てのキャラが出たスクショのみで埋め尽くされる。

もはやソシャゲでゲームをクリアするのではなく、ガチャで目当てのキャラを出すのが目的となっている。

ここまでくれば一人前。

キャラの育成が終わると満足する。

通常はパーティに組み込むためにレベルを上げたり限界突破をします。

少しでもダンジョンを楽にこなすために育成するのが目的ですが、フル強化した時点で満足してしまい、キャラクター一覧画面を見ながらニヤニヤするのである。

これがまさにガチャプロの仕事。

他のところで節約すればいいやと誤魔化しだす。

やはり心のどこかで「こんなにお金をかけていてはマズい」と思うときもあるのです。

そのときは飲み会1回行かなければ10回ガチャが回せる、ボーナスで全部チャラだ、と課金を肯定する考えが出てきます。

それでもしっかりとクレジットカードの請求は増えるのですが、自分に催眠術をかけてガチャを回すのです。

クレジットカードを止められる。

iPhoneの場合、短時間に3万円ほど課金するとクレジットカードの使用を止められます。

しばらく時間をおかないと再使用できなくなるので、そのときはコンビニへ駆け込んでiTunesカードを購入。

もう本当に悪い例。

でもAndroidの場合、制限なく課金できました。
その結果30万もの課金をしてしまうんだけどね。

当時の心境「課金制限のないGooglePlay最高」

どうやってソシャゲをやめた?

運営、システムを疑いだす。

30万円かけて目当てのキャラが出ないのはさすがにおかしいと感じ始める。

当時、ソシャゲ公式Twitterにフォローされていました。

だから、今どのキャラが欲しくてガチャを回しているか見てんじゃね?
それで排出率下げてんじゃね?と思い始める。

終いには目当てのキャラが出ないのはバグだと現実逃避し始める。

結果的にここからソシャゲ熱が冷めていくことになります。

何も残らないと気付く。

最終的にサービス終了すると、データとしても残らなくなります。
基本、ネットに繋いで遊ぶものなのでサービス終了後にネットに繋ぐとアウト。

あんなにお金を掛けたデータが一瞬でなくなるのです。

【まとめ】お金はすぐに戻らない、時間は戻せない。

当時の心境を思い出し、率直に書いてみました。
廃課金を辞めたくても辞められない人に読んでほしい。

お金はすぐには取り戻せないけど、また働けば戻ってくる。
でもソシャゲに掛けた時間はどうやっても戻ってこない。

ソシャゲ自体が反対ではなく、楽しく無理のない範囲で遊ぶのは賛成です。

ただ、一歩間違えると取り返しのつかないことになってしまうお話でした!